保育士の資格試験はまんべんなく勉強する

これから保育士の資格を取る人は筆記9科目と実技2点をどれも手を抜かずに勉強をして受験されると良いでしょう。

というのも保育士の資格試験は難易度が非常に高く毎年10パーセント台となっています。



筆記においては一度合格した科目は3年間免除でもあり、実技においては90パーセント近い人が合格になっているにも関わらず、筆記で毎年苦戦している人が多くいるという事です。


保育士試験での筆記においては各科目の60パーセント以上で合格となり、1科目でも落とすと資格取得にはなりません。

BIGLOBEニュースの情報はココで集まります。

マークシート方式で記述はないので一見要点を押さえて勉強すれば良いと思われますが、運もあり、マニアックな問題が出たり、難しい問題が出たりとその年で難易度が変わるという事も大いにあります。他の資格試験であれば調整点で難しい場合には平均点を考慮して合格ラインを下げるという事もありますが、保育士試験にはそれがないのでまんべんなくすべてを勉強しておく事が合格への近道とも言えます。

保育士勉強はいつから始めたらよいかは個人差はあります。

置かれている条件や環境によっても勉強時間の確保は異なるので一概にも言えませんが、通信教育では1年後の資格取得を目標にカリキュラムを組んでいる所が多いです。この為、自宅でじっくり取り組みたい人は来年度に向けて半年後に向けての勉強開始になるでしょう。


また、専門学校に通う余裕がある人は短期間で目指す事も可能でしょう。

http://www.hoikushibank.com/chiba